読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビクエスト

日々感じたことを広く浅く、時に掘り下げて綴るブログ。

6年付き合った彼女と別れた話

6年付き合った彼女と別れた。フラれた。それはもう呆れるほどキレイにフラれた。あっけないものだ。枯れるほど泣いた。辛い。もう…歯を食いしばって、前を向いて頑張るしかない。今までありがとう。ごめんね。幸せにしてあげられなかった。正直、まだ好きです。

 

 

 

出会い

出会いは夜の繁華街。昔やっていた夜の仕事の店員とお客さんという関係だったね。俺が23歳。君は19歳。結果的に、君のかけがえのない時間を6年も奪うことになってしまったのか…。悔やんでも悔やみきれない。

最初はそんな関係でしたね。そこからなし崩し的に付き合った形になって、俺が君の部屋に転がり込んで、同棲がはじまった。 

あの頃はそんなに好きではなかった。一緒にいるのが楽な相手としか思わなかったんだ。友達の延長みたいな付き合いだったのかもしれない。

それでも、楽しかった。ご飯を食べていても、一緒にゲームをしていても、そこには常に笑い声が響いていた。何気ないやり取りが懐かしく感じる。よくケンカもしたけどね。


その後、俺のわがままもあり一緒に上京することになった。3年目の春だったのか…。

はぁ~~~~~~~~~やめよう。辛くてとても書けそうにない。とにかく、君と過ごした日々はかけがえのない思い出として、俺の中に在り続けると思うんだ。今は、君のことを忘れることなんて当分できないような気がしている。

ごめんね、ちゃんと愛してあげることができなかった。ちゃんと幸せにしてあげることができなかった。ありがとう、幸せになってください。それは心から願っている。


この途方も無い消失感を、明日を生きる“力”に変えていくしかない。そう思っている。

「わたしと別れても自暴自棄にならないでね!」

最後まで心配かけたね。大丈夫、俺は大丈夫!大丈夫だから!強く生きます。

さよなら。