ヒビクエスト

日々感じたことを広く浅く、時に掘り下げて綴るブログ。

ホワイトデーにクッキーを渡す意味とは?クッキーよりキャンディのほうがいいかも

2月14日はバレンタインデー、3月14日はホワイトデー。

 

女性からチョコをもらったら、男性はお返しにクッキーや飴をあげる。という、この二つの特別な日ですが、一体つからこのような習慣がはじまったのでしょうか?

 

また、チョコをもらったお返しには、何をあげるのが正解なのか、悩んだことはありませんか?今回は、そのあたりにスポットを当てて、お送りしたいと思います。

 

 

 

ホワイトデーの歴史

日本で『バレンタインデー』が定着するに従い、菓子業界では、「それにお返しをする日を作ってはどうか」という案が出されました。

 

これを受けた菓子業界では、昭和40年代に入って以降、個々に独自の日を定め、クッキーやマシュマロ、キャンディなどを「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになったようです。

 

日本におけるホワイトデーの元祖については諸説あり、ホワイトデーの時期になると各陣がそれぞれが元祖だと謳う様は、すっかりおなじみ。

 

ちなみに、『ホワイトデー』という習慣は日本で生まれ、中国・台湾・韓国など一部の東アジアでも定着しているようで、欧米ではこういった習慣はないとのことです。

 

へー!日本が元祖なんですね、ちょっと意外。

 

 

本命なの?義理なの?”マシュマロ”、”クッキー”、”キャンディ”に隠された真の意味

マシュマロ=「あなたが嫌い」

 

マシュマロ=「あなたが嫌い」という意味だって、知ってました?

 

理由としては、マシュマロはすぐ溶けて無くなってしまうので「あなたのことは好きではありませんよ」という意味らしいです。

 

えー・・・w気にする人は気にするかもしれませんね、これは一応気をつけておきましょう。

 

 

クッキー=「あなたは友達」

 

クッキーをもらうと、「友達のままでいよう」という意味があるそうです。

 

理由は、「サクッとドライ(な関係)」だとか。無理やりかw

 

 

キャンディ=「あなたが好きです」

 

ホワイトデーのお返しで、一番イメージがないかもしれませんね。

 

そのキャンディに含まれた意味は、「私もあなたが好きです」という意味になるようです。

 

これは、ただのお返しであげただけなのに、思わぬ勘違いが起こってしまう可能性がありますね、要注意です。

 

 

マカロン=「特別な人」

 

マカロンには、「特別な人」と言う意味が込められているようです。

 

マカロンを、渡す時に、「マカロンの意味知ってる?」と、聞いてみるといいかもしれないですね。

 

恋の始まりは、マカロン。

 

 

まとめ

・ホワイトデーは日本が発祥

・マシュマロ=「あなたが嫌い」

・クッキー=「あなたは友達」

・キャンディ=「あなたが好きです」

・マカロン=「特別な人」

 

こういうのは、企業のこじつけだと意固地になるか、込められた言葉の意味にロマンを感じるかはあなた次第。

 

まぁ、いちおう義理でも、お返しはさくっとしておきましょうねw

 

以上、「ホワイトデーにクッキーを渡す意味とは?クッキーよりキャンディのほうがいいかも」でした!

広告を非表示にする